注文住宅とは?メリット・デメリットなどのよくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

注文住宅でよくある失敗事例とは?

自宅を建てる方法として分譲住宅を購入するなど色々手段はありますが、より希望の家を手に入れたい場合は注文住宅があります。
自分だけでなく家族の希望を盛り込む事ができ、より理想的な家を建設する事が可能です。
実際に注文住宅が夢のある物件ではありますが、建設してみて失敗したと感じる事も多くあります。
失敗事例などをチェックし参考にすることで、自分達が建設する際に失敗しないように参考にする事が可能です。
実際にある例として開放的なリビングを設計した際に、広過ぎで冷暖房のききが悪く過ごしにくい空間になってしまったというケースもあります。
他に間取りだけでなく動線を考慮せずに設計したことで、生活してみて不便に感じるといった例も多いです。
設備や間取りばかり気を取られて収納が少なく、物がしまえずに困ったという事例などもあります。
もちろん家族が思い描く理想や希望を盛り込む事は大切ですが、実際に生活する事をイメージし生活しやすい環境かどうかを考える事も重要です。

意匠を追求しすぎると注文住宅は失敗します

注文住宅は自由度が高く、羨ましがられるほどスタイリッシュにすることが可能です。
そこで張り切ってプランニングをしても、建ててから後悔する人が少なくありません。
よくある失敗例を挙げていきます。
注文住宅に多い吹き抜けは、冷暖房が効きにくい傾向があります。
特に冬の寒さが厳しく、シーリングファンを付けても限界があります。
解放感と暖かさのどちらを取るのか事前に決断しなければなりません。
吹き抜けの次に多いのは、巨大な窓です。
これも解放感、特別感を感じられますが、後から後悔する人も少なくありません。
まず適度な日差しに調節するのが難しいですし、収納が減ります。
窓の前に家具を置くのはためらわれますから、他のところにしわ寄せがいきます。
少ないスペースを有効活用するために背の高い家具を配置すると、圧迫感が生まれてしまうのです。
大きな窓が本当に必要か、しっかり検討することが欠かせません。
最後は細々とした収納スペースの必要性をわかっていなかったことです。
玄関の靴箱やキッチン近くのパントリーなど、収納はあると便利です。
カッコよさを追求して収納をないがしろにするとあとで後悔します。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅ってどんな家?

このサイトでは、注文住宅とは何かにということについて説明しています。建てるにあたっての疑問に答えたり、何かの理由で建てるのが難しいと思われる点があれば、その解決策を提示したりしています。また、その特性やメリット・デメリットにどういったものがあるか、わかりやすくて詳しい説明があります。さらに実際に起こりうる建築する時の失敗を事例を挙げてわかりやすく解説したり、費用やスケジュールについても述べられています。

Search