注文住宅とは?メリット・デメリットなどのよくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

このサイトでは、注文住宅とは何かにということについて説明しています。
建てるにあたっての疑問に答えたり、何かの理由で建てるのが難しいと思われる点があれば、その解決策を提示したりしています。
また、その特性やメリット・デメリットにどういったものがあるか、わかりやすくて詳しい説明があります。
さらに実際に起こりうる建築する時の失敗を事例を挙げてわかりやすく解説したり、費用やスケジュールについても述べられています。

注文住宅とは?メリット・デメリットなどのよくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

注文住宅とは、自分の土地に自分の希望通りに建てる家のことをいいます。
注文住宅のメリットは、まず自由度の高い家が建てることができ、こだわりのあるオリジナルの家が創れることです。
また建築途中を確認でき、疑問があればそのつど質問できるので、安心感が得られるということもあります。
デメリットとしては、コストが高いことが挙げられます。
ほかにも注文してから入居できるまでに時間がかかること、出来上がってみないとイメージどおりかわからないことなどもデメリットといえます。

注文住宅の施工体制はどのようになっている?

念願だった注文住宅を建築するにあたり、色々と気にしておくべきことあります。
多くの場合、そこにかかるお金とどれぐらいの時間で完成するかといったことや、購入後の返済はどのようになるかなどが関心事かもしれません。
もちろん注文住宅の間取り等の関心事の1つと言えるわけです。
ただそれとは別に、注文住宅の施工体制などを見ておいた方が良いでしょう。
施工体制自体はあまり詳しく知らなくても良いですが、下請け会社に依頼しているかどうかといった問題は大きな問題です。
ハウスメーカーの場合は、完全に下請会社に依頼している可能性が高いため、中間マージンが発生する可能性があるわけです。
この中間マージンが発生すると、2%から3%位を余分にお金を支払わなければいけません。
一方で工務店の場合は直接施行しているところもあるわけです。
直接施行するところは、当然中間マージンは発生しませんが、全く下請けを利用しない会社は現在のところほとんどないと言って良いです。

注文住宅はこだわり部分にメリハリをつけられる

昔から夢だった注文住宅を建築できる場合であっても、メリハリがとても重要になります。
注文住宅メリハリが重要な理由は予算の関係があるからです。
もし、いくらでもお金を使うことができるならば、すべてのこだわりをそこにぶつけて理想通りの住宅ができます。
100%理想通りの住宅と言うものがあるとすれば、完全にこだわりを実現した住宅なるかもしれません。
ところが実際には、ほとんどの家庭でお金の制限があるわけです。
日本の住宅建築の場面で住宅ローンを利用している人が8割を超えていることを考えると、お金をそこまで自由にできる人がいないのが現実と言えるでしょう。
そうすると、そこの所で制限がかかってしまい、100%理想の住宅は実現し得ないといえます。
その場合であっても、できるだけ理想とする住宅を実現したいところですが、予算の関係で順番をつけなければいけない事は理解できるはずです。
それ故、よく話し合いながら何を優先するべきかを明確にしていきましょう。

家を建てる過程を確認できる注文住宅

住宅には様々な魅力がありますが、主に建売住宅と注文住宅を選ぶ場合、注文住宅を選ぶ人が多くなっています。
もちろんその分だけお金がかかりますので、ある程度金銭的な余裕がなければこれを建築することができません。
いずれ、注文する場合にはやはり最大の魅力と言えるのが建築過程を見学できることです。
この点建て売り住宅の場合は、すでに設計がされており不動産会社に情報が掲載されるまでの間にほぼ完成している状態になっています。
住宅を手に入れたい人は、既に完成した住宅を見ることになるでしょう。
中には例外があり、まだ完成する前の段階で見学できるケースもありますが、設計に携わることができません。
ましてや、中に入れてもらえるケースはほとんどないでしょう。
注文の場合には、最初から自分たちが設計に携わっているため、途中で中に入れてもらうこともできます。
このような場面においては、建築会社の邪魔にならないように常識の範囲内でおこないましょう。

注文住宅は着工から完成までどれくらいの期間を要する?

多くの人が憧れて羨望のまなざしを向ける住まいがあります。
それが注文住宅という住まいになるのです。
この住まいは施主の希望を全てかなえることができ、一切の妥協がない家づくりが可能となるんです。
土地選びに始まり、工務店やハウスメーカー選び、仕様や建材にデザインや設計まで拗ねて施主がダイレクトにかかわり家を建てることができるんです。
まさに施主のこだわりが詰まった家が出来上がるため、それだけ着工や完成までに長い期間を要するのは言うまでもありません。
建売住宅であると、購入すればすぐに自分の都合で入居できます。
だが注文住宅に至ってはそう簡単に入居までスムーズに行われません。
変更したい個所などが見つかると、その都度設計のし直しなどが必要であり、また建材なども特注になるので時間がかかるのは当然です。
そのため一般的な家屋の建築よりも、注文住宅は1.5倍の工期を想定しておかなければなりません。
またコストに関しても同様に建売住宅よりも1.5倍以上費用がかかると言われてます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅ってどんな家?

このサイトでは、注文住宅とは何かにということについて説明しています。建てるにあたっての疑問に答えたり、何かの理由で建てるのが難しいと思われる点があれば、その解決策を提示したりしています。また、その特性やメリット・デメリットにどういったものがあるか、わかりやすくて詳しい説明があります。さらに実際に起こりうる建築する時の失敗を事例を挙げてわかりやすく解説したり、費用やスケジュールについても述べられています。

Search